漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

 ロシア 貿易             中国 貿易                     

文字サイズ

サイト内検索 検索

2017年発行(218-229号)チャイナビュー

チャイナビューバックナンバーのご案内

定期購読も承っております。
お問い合わせ用メールアドレス: cv@iskra.co.jp

 「チャイナビュー229号」(2017年12月20日発行)

【特集 中国探訪】は、海と陸のシルクロードを結ぶ起点都市の厦門(アモイ)をご紹介。かつて、貿易で栄えた港町は伝統を守りつつ新しい産業を育み、活気あふれる都市として注目されています。

【中国的生活】は、今回から「舌診(ぜっしん)」を4回シリーズでご紹介していきます。第一回目は、舌の形をイラスト入りで解説。舌の形によっても体質が判断できるのです。舌診を日頃の健康管理にぜひお役立てください!

【漢方の知恵袋】では重い冷え症が潜んでいるかもしれない「冷えのぼせ」について体質改善から対策をご紹介しています。



 「チャイナビュー228号」(2017年11月20日発行)

【特集 中国探訪】は、シルクロードのオアシス都市・亀茲(きじ:クチャ)、疏勒(そろく:カシュガル)をとりあげ、亀茲石窟と仏教の伝来や、カシュガル郊外の仏教遺跡などをご紹介します。玄奘三蔵の足跡などもあわせてご紹介。

【中国的生活】は、中医学の味シリーズとして薬膳・食養生においての「鹹味(かんみ)※」の役割をご紹介します。※塩からい味のこと

【漢方の知恵袋】では、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」対策を、ポイントごとにご紹介しています。



 「チャイナビュー227号」(2017年10月20日発行)

【特集 中国探訪】は、青磁の故郷・龍泉を中心にご紹介します。中国史上の名窯の一つに数えられる龍泉窯は、古くは三国時代から磁器を生産し始め、最盛期の宋・元代には、海外にも大量に輸出されていました。青磁の発展と歴史、龍泉周辺の見どころなどもご紹介します。

【中国的生活】は、中医学の味シリーズとして薬膳・食養生においての「甘味」の役割をご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、秋から冬にかけて「乾燥」でお悩みの方も多いことと思いますが、「ドライシンドローム(乾燥症候群)」対策を、ポイントとなる部分を中心に部位別にケア方法をご紹介しています。



 「チャイナビュー226号」(2017年9月20日発行)

【特集 中国探訪】は、ワインの一大生産地として知られる山東省煙台(さんとうしょうえんたい)をご紹介します。山東半島の北岸に位置する煙台は、中国では古くから主要な港としての役割を果たしていました。19世紀半ばに西洋諸国に開港され、西洋文化とともに、ワインも中国に紹介されました。今回は、煙台がなぜ中国最大のワイン生産地となったのか、煙台周辺の見どころなども合わせてご紹介します。

【中国的生活】は、中医学の味シリーズとして薬膳・食養生においての「酸味」の役割をご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、鼻のトラブル対策[2]花粉症、蓄膿症、萎縮性鼻炎について体質別のケア方法をご紹介しています。



 「チャイナビュー225号」(2017年8月20日発行)

【特集 中国探訪】は、中国といえば卓球、卓球愛好家を3億人以上抱える中国の卓球事情を特集しました。国技とされる卓球に人々がいつから熱狂し始めたのか、また、中国各地の民間の卓球事情などもお届けします。

【人物レポート】【中国のスポーツ事情】では、女子卓球界をリードする丁寧さんと「愛ちゃん」を支えた湯媛媛コーチをご紹介しています。

【中国的生活】は、中医学の味シリーズとして薬膳・食養生においての「辛味」の役割をご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、鼻のトラブル対策[1]急性鼻炎、慢性鼻炎、鼻ポリープ(鼻茸)の対策を予防面から体質別に解説しています。



 「チャイナビュー224号」(2017年7月20日発行)

【特集 中国探訪】は、チベット西端にかつて存在した天空の古代都市グゲ王国を特集しました。吐蕃王室の末裔が10世紀に建国し栄えるも、17世紀にこつ然と歴史上からその名を消したグゲ王国。その後数世紀、王国の存在は知られること無く、今の世に、遺跡がそのまま残されています。遺跡を守る人物のレポートも合わせてご紹介しています。

【中国的生活】は、中医学の味シリーズとして薬膳・食養生においての「苦味」の役割をご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、熱中症対策を予防面から体質別に解説しています。



 「チャイナビュー223号」(2017年6月20日発行)

【特集・中国探訪】は、シルクロード最大のオアシス都市「敦煌(とんこう)」を拡大版の6ページでご紹介予定です。敦煌の見どころに加え、発見され世界的に知られるようになった経緯なども詳しくご紹介します。

巻頭の【トピックス】と14ページ掲載の【中国的生活】では、「坐月子(ズオユエズ)」をそれぞれ着眼点を変えてご紹介。「坐月子」とは、出産後の女性が1~2ヶ月間、体力を回復させる期間として、中国で伝統的に続く習慣のこと。産後ケアのポイントなどをご紹介します。

【漢方の知恵袋】は、「子宮内膜症」の漢方ケアを取り上げました。生涯の月経量が多いほど、子宮内膜症のリスクが多く、現在は増加する傾向にあります。放置すると不妊の要因ともなりかねません。子宮内膜症の要因や対策をタイプ別にご紹介します。



 「チャイナビュー222号」(2017年5月20日発行)

【特集 中国探訪】は、中国で最も美しい古鎮の一つといわれる広西チワン族自治区の黄姚古鎮をご紹介します。千年近い歴史をもち、緑の山と澄んだ川、そそり立つ岩や洞穴、竹林の美しさも有名で、「小桂林」と呼ばれることもあるそうです。小さな町のたくさんの見所をご紹介します。

前回より始まったシルクロードと玄奘三蔵の話は、今回は番外編としてシルクロードができるまでと、仏教の原典を求める旅がなぜ必要となったかをご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、要介護の前段階として昨今注目されている「フレイル」について、カラダとココロ、それぞれの虚弱について五臓からのケア方法をご紹介します。



 「チャイナビュー221号」(2017年4月20日発行)

【特集 中国探訪】は、今号から玄奘三蔵が辿ったシルクロードを数回にわけてシリーズでお届け予定です。初回は、玄奘三蔵がインドを目指した時代背景や、途中立ち寄った都市・蘭州(らんしゅう)の見どころなどをご紹介します。

【中国的生活】は、五臓の「腎(じん)」を補うものとして古くから食されているクルミについて、中医学の視点からご紹介します。

【漢方の知恵袋】では、原因がはっきりしない胃腸の不調「機能性ディスペプシア」を体質別に解説。タイプ別の対策をご紹介します。



 「チャイナビュー220号」(2017年3月20日発行)

【特集 中国探訪】は、麺について取り上げました。山西省は麺の発祥の地として知られ、麺のふるさとと呼ばれています。調査の結果、山西省内には実に280もの種類の麺があるそうです。日本でも有名な刀削麺の誕生秘話もご紹介します。

【食探訪】は、山西省の代表的な前菜の「卵巻」を日本で作りやすくアレンジしたレシピをご紹介。山西省特産の黒酢につけて食べるのがポイントで、お酒のおつまみにピッタリだとか。

【漢方の知恵袋】は、下痢をテーマに、急性・慢性のタイプ別の対処法を生活養生、食の養生などを含めてご紹介しています。



 「チャイナビュー219号」(2017年2月20日発行)

【特集 中国探訪】は、湖北省において国内最大の原始林を有する大自然につつまれた神農架(しんのうか)をご紹介します。
世界自然遺産に認定された広大な自然林には、およそ20万年前からの古人類の痕跡がみられます。
華夏文明の創始者のひとり「神農(しんのう)」が当地に棚地を作って薬草を採り、病を治したことから神農架という名称がつけられたと伝わっています。
大自然と神農伝説について、また野人伝説についてもご紹介しています。

【食探訪】では、湖北地方の伝統料理「鶏湯(チキンスープ)」を日本で作りやすくアレンジしたレシピをご紹介。

【漢方の知恵袋】は、頭痛をテーマに、体質タイプ別の対処法を生活養生、食の養生などを含めてご提案しています。頭痛に効くツボもイラスト入りで掲載しています。



 「チャイナビュー218号」(2017年1月20日発行)

【特集 中国探訪】は、ジャイアントパンダ大集合と題して、成都ジャイアント
パンダ繁育研究基地のパンダ達をご紹介します。今回は、日本中医薬研究会が
パンダ養育を通して行っている自然保護活動についてもご紹介しております。
パンダの冠元ちゃん、そして冠元ちゃんが昨年出産した双子のパンダ園満ちゃん、
園月ちゃんも可愛らしい姿で誌面に登場しています。

【人物レポート】は、バレーボールファンに鉄のハンマーとして
親しまれた中国のエースアタッカー郎平(ろうへい)のその後を取材。

【漢方の知恵袋】では、体質改善で花粉症対策をご紹介します。