漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

文字サイズ

サイト内検索 検索

イスクラ華陀膏(かだこう)(製品別コンテンツ)

「華陀膏」から「イスクラ華陀膏」に名前が変わりました

中国からやってきた水虫の薬

本品は中国で製造された水虫の薬です。 じゅくじゅく水虫でも、カサカサ水虫でも、どちらにも使え、ヒフを保護します。

イスクラ華陀膏の特徴

 「イスクラ華陀膏」は安息香酸(あんそくこうさん)・サリチル酸などを配合した軟膏剤で、水虫・いんきん たむし、ぜにたむしの改善を目的としております。

効果

みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし

成分・分量

サリチル酸・・・・・・・・・4.8g
安息香酸・・・・・・・・・・・・・・9.7g
dl-カンフル・・・・・・・・・・・2.4g
※添加物として黄色ワセリン(基剤)、パラフィン(基剤)及び蝋梅油(香料)を含有します。

用法・用量

適量をとり、1日1~3回患部に塗布又は塗擦して下さい。

添付文書

イスクラ華陀膏

(製品の詳細ページリンク)

イスクラ華陀膏(かだこう)

 

製品取扱店はコチラ
※日本中医薬研究会のサイトに移動します。 
 インターネット等による通信販売はしておりませんのでご了承ください。

 

効果的な塗り方

患部の外側から中心部に 向けて、円を描くように 塗りましょう。

華陀膏(かだこう)の絵

中国の名医 華佗

華佗の顔後漢時代の末年(約1700年前)に、すぐれた医学者「華佗」がおりました。
華佗は、内科、外科、婦人科、小児科、鍼灸科などの分野に精通していましたが、
なかでも外科にはとくにすぐれた腕をもち、後生、外科の開祖としてあがめられました。
 華佗は全身麻酔の方法を発明したと伝えられています。
※イスクラ華陀膏と華佗とは直接的な関係はありません。

 

中国こぼれ話

中国では、水虫のことを俗に「脚気」(ジョウチ)と言います。
日本ではビタミンB1不足からくる足の「むくみ、痛み」の事を「脚気」(かっけ)と言いますので
全く意味が違ってきます。

また、広東省や香港などの南部地方では、水虫にかかった足が「たにし」の腐った臭いがする事から
「臭田螺」(ツオテンロウ)と言ったり、または、「香港脚」(シャンガンジョウ)と呼んでいます。

この南部地方は日本と同じように高温多湿なので、水虫が非常にかかりやすい環境といえます。
 「水虫」は命にかかわる病気ではないものの、とてもやっかいで治りにくく、また精神的にもつらい病気です。

かかったら早めの手当てと、家族や他人にうつさないことが大切です。

 
 





イスクラ冠元顆粒の公式ブランドサイトです。

お問い合わせはこちら


 

 

 

 



中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。

 


体験談19,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。



漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。