漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

文字サイズ

サイト内検索 検索

エアコンに頼らない! 夏の元気な過ごし方



エアコンに頼り過ぎて、体調を崩すなどのことがないよう日頃の養生と健康管理を心がけ、厳しい暑さを上手に乗り切りましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)

潤いと栄養を上手に補って、暑さから身体を守る

自然界と身体の健康が密接に関わっていると考える中医学(中国漢方)では、季節の特徴を考えながら体調を整えることを大切にします。高温多湿の夏に気をつけたいのは「暑さ」と「湿気」。猛暑が続くと熱が体内にこもり、熱っぽさや口の渇き、不眠などの不調が現れます。また、汗をかき過ぎると体内の潤いと一緒に「気(エネルギー)」も消耗してしまうため、エネルギー不足から倦怠感を感じることも。
こうした不調を和らげるには、余分な熱を冷まして水分を補給することが大切ですが、ここで注意したいのが身体の”冷やし過ぎ“です。夏はつい冷たいものばかり摂りがちになりますが、それでは脾胃(ひい)(消化器系)が冷えて働きが悪くなり、消化不良や食欲不振や下痢などの原因に。また、湿気の多いこの時期に水分を摂り過ぎると、体内に「湿(余分な水分や汚れ)」が溜まって脾胃の不調を招くことにもつながります。
暑さをムリに我慢したり、冷たいもので暑さを紛らわしたり、といったことを続けていると、身体はすっかりバテてしまいます。夏の不調から身体を守るためにも、まず「こもった熱を中から冷ます」「適温、適量の水分補給で潤いを補う」「脾胃を元気に保って体力をつける」といった基本を心がけ、日頃から体調を整えておくことが大切。暮らしの中でも”エアコンは部屋の空気が冷えるまで“など工夫をしながら、ムリなく元気に夏を過ごしましょう。

暑さに負けない元気なカラダに!~夏の養生~

夏はエアコンに頼り過ぎず、自然な汗をかきながら気持ちよく過ごしたいもの。暑さに負けない元気な身体づくりを心がけ、夏バテ知らずで毎日を過ごしましょう。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


夏の養生ポイント1

身体にこもった熱を冷ます
夏の養生は、まず暑さからくる「熱」対策が基本。真夏の暑い日が続くと、身体に余分な熱がこもって発熱や皮膚の赤み、胸苦しさ、不眠といった暑さによるさまざまな不調が現れます。
また、身体にこもった熱は、多量の発汗で体力を消耗したり、冷たいものの摂り過ぎで脾胃を傷つけたり、といった全身の不調を招く原因にもなります。特に不調を感じていない場合でも、猛暑が続く時期には食事や服装に気を配り、日頃から熱を身体に溜めないよう心がけましょう。

夏の養生ポイント2

適温・適量の水分補給で身体の潤いを保つ
夏は五臓の「心(しん)」と深い関わりのある季節です。また、心は「脳」の働きとも関わりがあるため、中医学では、夏は”心と脳を守る“ことを大切にします。そのカギとなるのが「水分の補給」。
暑さで大量に汗をかくと、全身の水分不足から脳の潤いも減ってしまいます。その結果、頭がぼーっとする、めまいや頭痛を感じる、といった脳の不調が現れやすくなります。
また、身体の水分が不足すると血の潤いも失われ、ドロドロ血から瘀血(おけつ)(血行不良)を招くことも。血流の悪化は心の負担となり、動悸や息切れ、胸痛などにつながることもあります。
こうした心や脳の不調は、身体の深い部分で潤い不足になっているサイン。汗をたくさんかくと、水分と同時に体内の「気(エネルギー)」も失われて疲労感や倦怠感を感じやすくなります。また、潤い不足から便秘気味になることもあるので、このような症状を感じたら早めの水分補給を心がけ、身体の深い部分の潤い不足を防ぐことが大切です。

[潤い補給のコツ]

汗をかいたな、と感じたら、室温程度の適量のお茶などをこまめに飲み、冷たいものを大量に飲むことは控えましょう。また、水分の流失を抑える食材、潤いのある食材などを積極的に摂り、食事から潤い補給をすることも大切です。

夏の養生ポイント3

胃腸を元気に保って体力を維持
夏は食欲も落ちやすく、あっさりしたものを食べることが多くなります。また、冷たいものの摂り過ぎで脾胃が傷ついたり、高い湿度と水分の摂り過ぎから体内に「湿(余分な水分や汚れ)」が溜まり、脾胃の働きが低下したり、といったことも。
このような脾胃の不調は食欲不振や胃もたれ、下痢などにつながるため、体力を維持できずに夏バテしやすくなってしまいます。食事をしっかり摂ることは、暑さに負けにない体力をつける基本。冷たいものの摂り過ぎや暴飲暴食などは避け、日頃から脾胃を元気に保つよう心がけましょう。

エアコン控えめ!夏を快適に過ごす暮らしのポイント

夏は本来暑いもの。適度に汗をかいたり、涼しい服装を心がけたりしながら、自分で体温を調節するのが自然なこと。
日々の生活でもちょっとした工夫を心がけて、エアコンに頼り過ぎず夏を快適に過ごしましょう。


麻やシルク、綿など肌にやさしい自然素材の衣類を。
汗をかいたらこまめに着替え。難しい場合は吸汗性、速乾性の高い素材を選ぶのも手。
朝顔やゴーヤなどのつる性の植物で緑のカーテンを。窓に断熱フィルムなどを貼るのも効果的です。
ひんやり感のある寝具や首にまくクールバンド、氷枕などを活用して安眠対策を。
身体が火照ったら水風呂に。熱がスッとひいて涼しく過ごせます。
 ※体力が落ちている人、心疾患や高血圧を患っている人などは十分注意してください。
早寝早起きを心がけ、涼しい時間帯を活用。





中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す


体験談19,000件突破!漢方の改善事例を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談19,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。



漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。