漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

文字サイズ

サイト内検索 検索

つらい頭痛をスッキリ!

つらい頭痛をスッキリ!
多くの人が悩まされる頭痛。痛みを感じるとつらいものですし、強い痛みや慢性的な頭痛は日常生活に支障をきたすこともあります。鎮痛剤に頼るだけでなく、まずは自分の体質を見直して、身体の中から頭痛を予防するよう心がけましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)


気血の流れをスムーズにして、頭痛対策を改善

頭痛にはさまざまな症状があり、そのタイプは大きく2つに分けられます。一つは、風邪や湿気など外から入ってくる邪気の影響で起こる「急性の頭痛」で、ズキズキ、ガンガンする強い痛みが特徴。もう一つはキリキリと刺すような痛みや、重く締め付けられるような痛みが多い「慢性の頭痛」で、一般に多く見られる片頭痛などはこのタイプにあたります。頭痛の女性
中医学(中国漢方)では、こうした頭痛の主な原因は「不通則痛(ふつうそくつう)(通じざればすなわち痛む:流れが滞ると痛みとなる)」と考えます。つまり、気や血の流れが悪くなると頭痛などの痛みが発生するということです。ドロドロ血や水分代謝の低下、ストレス、かぜなどが主な原因となります。
また、脳にとって大切な「気(き)(生命エネルギー)」や「血(けつ)(血液、身体の働きを支える栄養素)」が不足することで、頭痛が起きることも。このような状態を「不栄則痛(ふえいそくつう)(栄えざればすなわち痛む:栄養が足りなければ痛みとなる)」といいます。
このように、頭痛は身体全体の問題として考えることが大切。痛みを抑えるだけでなく、体内を健やかに保つことで、頭痛が起きにくい体質に改善することを心がけましょう。
ただし、頭痛には脳腫瘍やくも膜下出血など重大な病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。がまんできないほどの激痛を感じたり、日を追うごとにジワジワと痛みが強くなったりする場合は、すぐに病院で検査を受けるようにしてください。

タイプ別・頭痛の養生

慢性的な頭痛に悩まされている人は、まず自分の体質を見直すことが大切。
頭痛の症状から身体に潜む原因を考え、頭痛の起こりにくい体質に改善していきましょう。


※画像をクリックすると拡大表示されます。 タイプ別・頭痛の養生

血流が悪い:瘀血(おけつ)タイプ

生活習慣を見直して、血流をスムーズに
瘀血タイプの頭痛は、「気」「血」の流れが悪くなることが主な原因。食事の不摂生や冷え、過労で血行が悪くなったりすると頭痛が起こりやすくなります。また、こうした頭痛は、高血圧や糖尿病など慢性病を患っている人にも多い症状です。
瘀血タイプの頭痛は繰り返しやすく、なかなか治りにくいのが特徴。バランスの良い食事や質の良い睡眠など、日頃の生活から血流をサラサラ、スムーズにする習慣を身につけましょう。

「気」が滞る:ストレスタイプ

ストレスを発散して、肝の機能を整える
肝は蓄えた「血」を全身に送り、「気」をめぐらせる臓器。頭痛は気血の流れが滞ることが原因のひとつとなるため、こうした肝の働きと頭痛には深い関わりがあります。
肝はストレスの影響を受けやすく、過度なストレスを受けるとその機能が低下してしまいます。その結果、気血の流れが悪くなり、頭痛が起こりやすくなるのです。
悩んだり、イライラしたりしやすい人は、日頃から上手にストレスを発散し、肝を健やかに保つよう心がけましょう。

季節の変わり目に注意:かぜタイプ

春から初夏に気を付けたい風邪(ふうじゃ)
自然界の邪気の一つ「風邪」は、他の邪気を伴って体内に入り込み、頭痛や発熱などのトラブルを引き起こします。春は特に風邪が発生しやすく、つづく初夏も季節の変わり目でかぜをひきやすい時期なので十分注意しましょう。
頭痛やのどの痛み、咳などの症状はかぜの初期に現れます。かぜを悪化させないためにも、このような症状を感じたら早めの対応を心がけましょう。

元気が足りない:虚弱タイプ

「気」「血」の不足が頭痛の原因に
元気のもととなる「気」や、体の働きを支える栄養素である「血」は脳にとっても大切な要素です。慢性病や脾胃(消化器系)の不調などで体内に気や血が不足すると、当然、脳も同じような栄養不足の状態に。それが頭痛を引き起こす原因となることも。
また、腎は脳の健康と深いかかわりがあると中医学では考えており、腎の不調も頭痛の原因のひとつととらえます。
このタイプの頭痛は、疲労時に悪化しやすいのが特徴です。まずは日頃の食事でしっかり栄養をとり、元気で健康な身体をつくりましょう。

つらい頭痛の予防は、生活習慣の改善から

ストレスや睡眠不足、疲労、食事の不摂生……。頭痛を引き起す原因は、こうした日常生活の中に潜んでいます。慢性的な頭痛に悩んでいる人は、まず生活習慣を整えることが大切。遠回りなようでも、身体全体の健康を保つことが頭痛の予防にもつながります。
また、頭痛のサインを感じたら、ひどくなる前に症状を抑えることも大切。無理をせず、少し休んで身体の疲れをほぐすようにしましょう。

暮らしの養生
1. ラジオ体操、ウォーキング、太極拳など、ゆっくりとした運動を
2. 質の良い睡眠を十分にとって、疲労の回復を
3. ぬるめのお湯につかって血行を促進。入浴時間は10分程度
4. 排便をよくするため、食物繊維の多い食事やヨーグルトを
5. 喫煙や飲酒は控えめに。酒は1日1合が目安です


ツボのマッサージで頭痛をやわらげましょう




中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す


体験談19,000件突破!漢方の改善事例を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談19,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。



漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。