漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

 ロシア 貿易             中国 貿易                     

文字サイズ

サイト内検索 検索

卵巣ケアで女性の一生を快適に

卵巣ケアで女性の一生を快適に(漢方の知恵袋)
月経や妊娠をサポートする卵巣は、女性の身体と深く関わる大切な器官。女性が一生をいきいきと元気に過ごすためには、年齢とともに変化する卵巣の状態を知ることがとても大切です。「卵巣年齢」を知り、その働きを元気に保つよう積極的なケアを心がけましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)

卵巣を健やかに保ち、いきいきとした人生を

卵巣には、排卵によって月経の周期を整え、妊娠をサポートする、女性ホルモンを分泌して女性らしい身体をつくる、気持ちをコントロールして精神を安定させる、といった女性の健康に深く関わる大切な働きがあります。
卵巣の働きが活発になるのは平均10歳ごろ。この時期から女性ホルモンの分泌が盛んになり、12歳前後で初潮を迎えます。10代後半にかけて月経周期が安定すると、20〜30代で卵巣の働きはもっとも活発に。その後、40代に入ると卵巣の働きは少しずつ衰えはじめ、やがて閉経、更年期を迎えます。バランスの崩れやすいこの時期は心身の不調に悩まされることもありますが、50代に入り女性ホルモンの分泌が少なくなると、徐々に心も身体も穏やかな状態に。
その後の老年期は体調の変化や病気に気を配る必要があります。
このように、卵巣の働きは女性の一生と深く関わっていて、その機能を元気に保つことは充実した人生を過ごすためにも大切なこと。卵巣の主な働き(月経や妊娠)と密接に関わる「血(けつ)」「腎(じん)」の養生を基本に、年齢とともに変化する卵巣を健やかに整えて、充実した人生を送りたいものですね。

7 の倍数で変化する女性の身体
女性の身体の変化は、年齢とともに変化する卵巣の状態と深い関わりがあります。


7 の倍数で変化する女性の身体

卵巣ケアの基本「血」と「腎」の養生

卵巣の主な働きである月経と妊娠のサポートは、「血」と「腎」に深い関わりがあります。この血と腎の健康を保つことは、女性の養生の基本。日頃から気を配り、積極的な養生を心がけましょう。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学の卵巣ケアの基本「血」と「腎」の養生


腎(じん)の働き

「腎」は、生命エネルギーの源である「精」を蓄える臓器。生殖機能や成長、発育、ホルモンの分泌、免疫系全般のコントロールなど生命活動の根本を担っています。卵巣から分泌されるホルモンも腎精のひとつと考えられます。腎精は、腎が一番活発な20代をピークに減少していきます。この衰えを止めることはできませんが、食事や生活習慣などの養生でスピードを減速することは可能です。

「腎精不足」の主な症状
月経不順、不妊、めまい、記憶力の低下、聴力の低下、視力の低下、耳鳴り、頻尿、腰痛

血(けつ)の働き

「血」は、全身を巡って臓器や組織に栄養を届け、潤いを与え、精神状態を安定させる働きを担っています。そのため血が不足すると、疲労やめまいといった症状のほか、卵巣にも栄養が十分に行き渡らず機能が低下してしまうことも。女性は月経や妊娠・出産などで多くの血を消耗することから、もともと血が不足しやすいので、過度なダイエットは避け、バランスよく栄養を摂るよう心がけましょう。

「血不足」の主な症状
顔色が悪い、肌や髪の乾燥、疲労、めまい、動悸、月経不順、不妊、白髪や脱毛、目の乾燥、関節の動きが悪い、便秘気味、情緒の不安定、不眠、月経前後の不安、重い更年期障害

年代別卵巣ケア

卵巣の状態は、年齢とともに変化します。
「卵巣年齢」に合わせたケアで、生涯を元気に、快適に過ごしましょう。


※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学の年代別卵巣ケア


成長途中の10代

初潮を迎えて身体も女性らしく成長する10代は、月経やホルモン分泌のリズムを整える大切な時期。卵巣の働きもこの頃から徐々に活発になります。この時期は、無理なダイエットや思春期特有のストレスで卵巣機能にダメージを与えてしまうことも。「血」と「腎」を補いながら、ストレスをコントロールする「肝」の機能を高めるよう心がけましょう。

気をつけたい症状
憂鬱
イライラ
怒りっぽい
頭痛
食欲不振
摂食障害
下痢または便秘
月経不順
月経痛

卵巣が元気な20代・30代

卵巣の血流量がピークを迎え、卵巣の働きがもっとも活発になる時期。ホルモン分泌が盛んで、妊娠や出産に一番適した年齢です。この時期は、「血」と「腎」を補いながら、血流をスムーズに保つことが大切。妊娠・出産に備えるためにも、冷えやストレス、食事の不摂生などに注意して月経を健やかに保ちましょう。

気をつけたい症状
月経痛
月経不順
PMS(月経前症候群)
血塊が多い
経血に塊が多く混じる
顔色の黒ずみ
頭痛など身体に痛みが出やすい

卵巣機能が低下してくる40代

更年期を迎える40代は、ホルモンの分泌量が減り、卵巣の働きも徐々に不安定になります。この時期は心身のバランスを崩しやすく、不眠や不安、ほてりなど、さまざまな不調に悩まされることも。「血」と「腎」を補いながら、ストレスを発散する「肝」の機能を高め、この時期をなるべく穏やかに過ごしましょう。身体にこもった熱を冷ますことも大切です。

気をつけたい症状
ほてり
動悸
不安
イライラ
頭痛
落ち込みやすい
不眠(寝つきが悪い、眠りが浅い、目覚めが早い)

心身が軽くなる50代以降

50代に入ると女性ホルモンの分泌が徐々になくなり、更年期特有の不調も自然と軽くなります。セカンドライフが始まるこの時期は、老化を恐れるのではなく、身体の変化をきちんと理解して不調や病気に備えることが大切。「血」と「腎」を補いながら、加齢による「血行不良」を改善し、この時期に現れやすい病気(脂質異常症、高血圧、狭心症など)を予防しましょう。

気をつけたい症状
腰痛
腰の冷え
足腰が弱くなる
排尿トラブル
物忘れ
むくみ
めまい
耳鳴り

毎日の心がけで、女性のカラダを元気に

卵巣は、心身の不調から影響を受けやすいデリケートな器官。卵巣にダメージを与える冷えやストレスなどを、暮らしの中で上手に予防することが大切です。

暮らしの養生
・冷たいものの飲食は控え、なるべく温かいものを。
・生理中は身体を冷やさないよう注意。特に腰回りを温かく。
・毎日の入浴で、心も身体もリフレッシュ。
・適度な運動や友人とのおしゃべりなど、ストレス発散の工夫を。


卵巣を元気にするツボ




中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す




体験談20,000件突破!漢方を飲んで良かった人たちの体験談がいっぱい!

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談20,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営薬局(日本橋店、中野店、新宿店、六本木店)のサイトです。


イスクラ産業の直営薬店(川越店)のサイトです。

採用情報




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。