漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

文字サイズ

サイト内検索 検索

更年期をラクに過ごす

更年期をラクに過ごす(漢方の知恵袋)
更年期の症状は身体と心のさまざまなところに現れ、日によって感じ方が変わったりもします。そんなつらい症状をなるべく穏やかにするには、身体のバランスを整える中医学(中国漢方)の養生法がぴったり。更年期だから……と諦めず、積極的な養生で更年期をなるべくラクに過ごしましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)

更年期の症状は「腎(じん)」の衰えから

多くの女性が閉経を迎えるのは50歳ごろ。中医学では、女性の身体は7の倍数で転機を迎えると考えられていて、この考え方でも閉経の時期は49歳ごろにあたります。
更年期は閉経の前後5年間(45〜55歳ごろ)とされ、この時期に入ると女性は卵巣の機能が衰えはじめ、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌量が低下していきます。これが、更年期に現れる不調の原因のひとつと考えられています。
中医学では、こうした更年期の根本原因を「腎じん」の衰えと考えます。腎は生命エネルギーの源である「精(せい)」を貯える臓器で、発育や生殖などの機能と深く関わっています。そのため、加齢によって腎の機能が衰えると、ホルモンの失調などが起こりやすくなるのです。
また、腎には全身の陰陽をコントロールする働きがあるため、その機能が低下すると陰陽のバランスが崩れてしまいます。のぼせや発汗、冷えなどは、陰陽のバランスが崩れて身体を温めたり熱を冷ましたり、といった調節が上手くできずに起こる症状です。このほか「肝(かん)」や「心(しん)」に不調が現れることも。肝や心にはストレスや精神状態をコントロールする働きがあり、イライラや憂うつ、不眠といった”心の不調“が起こりやすくなります。
更年期には心身のさまざまな症状に悩まされることもありますが、この時期の不調は時間が経てば必ず治るもの。あまり深刻に悩まず、身体の変化に対応した養生を心がけて穏やかに更年期を乗り切りましょう。

中医学の7の倍数で変わる女性の体

日頃の食事や生活習慣の積み重ねは、更年期の体調にも影響します。この時期の身体の変化を穏やかに受け入れることができるよう、心身ともにバランスの良い状態を保つよう心がけましょう。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学の女性更年期タイプ別養生法  

ほてりや冷えが気になる腎(じん)の不調タイプ

更年期は「腎」の養生が基本
身体に潤いを与え、体内の余分な熱を冷ます「水分や血液(陰液)」、身体を温め、成長を促す「陽気(エネルギー)」。こうした体内すべての陰液や陽気は、「腎」に貯えられる生命エネルギーの源「精」を基本として生み出されます。そのため、腎の機能が衰えて精が不足すると、水分や血液、陽気なども不足し、陰陽のバランスが崩れてさまざまな不調が現れるのです。
陰陽どちらが不足しているかで症状は変わりますが(主な症状参照)、“冷えのぼせ”のように陰陽両方が不足していることも。いずれにしても、養生の基本は腎の機能を高めること。腎の養生は老化防止にもつながります。セカンドライフを元気に過ごすためにも、この時期から積極的に腎を整えるよう心がけましょう。

不眠や動悸が気になる心(しん)の不調タイプ

「心」と「腎」は火と水の関係
「腎」には、「心」の陽気が高まり過ぎて熱が発生しないように抑える役割があります。反対に、心の陽気は腎を温めて、その機能が正常に働くよう助けています。このように、心と腎は“火と水の関係”のように互いに協調して、バランスをとりながら活動しています。
更年期になって腎の機能が低下すると、心の陽気を上手く調節することができなくなり、熱がこもった状態に。その結果、精神状態をコントロールする心の機能が低下して、動悸や不眠といった症状が現れるのです。

イライラや憂うつ感が強い肝(かん)の不調タイプ

心の不調は「肝」の養生がポイント
精を貯蔵する「腎」と血を貯える「肝」は、“肝腎同源”“精血同源”といわれ、互いに補い合う臓器。そのため、加齢によって腎の機能が低下すると、肝に貯える血も減ってしまいます。“陰”の要素である血が不足すると、肝には余分な熱が発生し、些細なことでもイライラしたり、怒りっぽくなったりするように。
また、肝には「気」の流れを整えてストレスをコントロールする働きがありますが、強いストレスを受けるとその機能が低下。気の流れが滞ってストレスを上手く発散できず、さらに血の巡りも悪くなる瘀血が発生して痛みの症状が現れることもあります。

更年期は生活を見直すチャンス。心身ともに元気な毎日を

更年期の症状には個人差がありますが、心身が疲れていると症状も強く出る傾向があります。更年期に入る時期は、長年の生活習慣の積み重ねで心にも身体にも疲労が溜まっていることが多いもの。日本女性の平均寿命は約86歳と世界一で、更年期以降も25年以上の人生が待っています。セカンドライフを充実して過ごすためにも、ぜひこの時期を生活習慣見直しのチャンスと考えて、心も身体も元気に整えておきましょう。
また、更年期をラクに過ごすためには”怖がらないこと“がとても大切です。だれにでも訪れる人生の通過点ですから、この時期の身体や心の変化をきちんと理解して、”自然なこと“と前向きに受け止めるようにしてください。症状がつらいときは、ためらわず周囲の人に話すことも大切。家族や友人のサポートは更年期を乗り切る強い味方になります。無理をせず、心も身体もリラックスして明るく過ごすよう心がけましょう。

更年期をラクにする暮らしの養生 友達とおしゃべり
1. ウォーキングや登山、水泳など、積極的に身体を動かしましょう。
2. 散歩や買い物など、こまめに外出して気分をリフレッシュ。
3. 友だちをつくって気軽におしゃべりを。
4. 症状がつらいときは、我慢せずに周囲に話すことも大切。
5. 身体にやさしい、バランスのとれた食生活を心がけて。
6. アルコールは控えめにして、リラックス効果のあるお茶などを。





中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す




体験談19,000件突破!漢方を飲んで良かった人たちの体験談がいっぱい!

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談19,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。