漢方・中医学のイスクラ産業株式会社


法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

文字サイズ

サイト内検索 検索

インフルエンザに負けない!

インフルエンザに負けない!(漢方の知恵袋)
日ごとに涼しくなり、秋風が心地よい季節になりました。旅行やスポーツにも絶好のシーズンですが、徐々に寒くなるこの時期はインフルエンザの流行が気になるもの。特に、今年は新型インフルエンザの影響を心配する人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、中医学の知恵を生かしたインフルエンザの予防と対策についてお話しましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)


肺・脾・腎の養生で、身体の抵抗力アップ

急な高熱に加え、筋肉痛、関節痛などの強い全身症状が現れるインフルエンザ。こうした症状は、中医学(中国漢方)では「外邪(がいじゃ)」の侵入によるものと考えます。外邪とは自然界から入ってくる病因で、インフルエンザウイルスもその一つ。ウイルスから身体を守るためには、病気を寄せ付けない強い体質づくりが何より大切です。
インフルエンザを予防するポイントは、「肺」「脾」「腎」の力を養うこと。中でも肺は重要な臓器で、身体の防御力となる「気(エネルギー)」や、外邪が入り込む皮膚、鼻、喉などと深い関わりがあるため、その機能を整えておくことで外邪の侵入を防ぐことができます。 インフルエンザの女性
脾胃は飲食物を消化し、栄養分や水分を全身に運ぶ臓器。インフルエンザに負けないよう、脾胃を健やかに保ち、十分な体力を養いましょう。また、”生命の源“といわれる腎の機能を高めることは、病気を寄せ付けない根本的な抵抗力アップにつながります。
もう一つ、憂うつな気分になりやすい秋は、ストレスにも注意が必要です。ストレスの調節機能を持つ「肝」にも気を配り、心身ともに健康な身体づくりを心がけてください。
万一インフルエンザにかかってしまった場合は、とにかく早めの対応が肝心です。初期の段階で、できるだけ早く追い払ってしまいましょう。

タイプ別・インフルエンザの予防と対応

インフルエンザの症状は、発熱や頭痛、胃の不調などさまざま。ここでは症状や体質から、それぞれに合った予防と対応のポイントをご紹介します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学のタイプ別・インフルエンザの予防と対応

肺の弱いタイプ

肺の養生で防衛力を高める
中医学では、「体内の気(エネルギー)が十分にあれば、邪気は入りにくい」と考えます。肺は、この「気」の生成と深い関わりを持つ臓器です。また、中医学でいう肺には、呼吸器系の機能だけでなく、身体表面(皮膚や体毛)の防衛力を高める機能が含まれていることも特長。こうした機能が身体をウイルスから守っているため、肺の機能が低下するとウイルスが体内に入り込みやすくなってしまうのです。
悪寒や発熱が現れたら、とにかく早めの対応が肝心です。軽い発汗で熱をとりながら、肺の機能を高めてウイルスを撃退してしまいましょう。
また、普段からかぜを引きやすい、息切れする、といった症状を感じる人は、肺の養生で防御力を高め、インフルエンザを寄せ付けない身体づくりを心がけてください。

脾の弱いタイプ

日頃から脾胃の働きを整える
「脾」は飲食物を消化吸収して、その栄養分や水分を全身に運ぶ働きを担っています。この機能が低下すると体内に「湿(余分な水分、汚れ)」が溜まり、吐き気や胃の膨満感などの症状が現れます。
インフルエンザでこのような胃腸症状を感じる場合は、溜まった湿を取り除き、脾の機能を整えることが大切。また、脾胃が弱っていると、体力が落ちて抵抗力も低下してしまいます。夏の胃の疲れは早めに回復させ、日頃からしっかり栄養を摂るよう心がけましょう。

腎の弱いタイプ

高齢者は体力と免疫力不足に注意
生命のエネルギー源「精」を貯える「腎」は、広く生殖、免疫、造血などの機能を併せ持つ生命の源。慢性疾患を持つ人や高齢者は、こうした機能が衰え、体力も弱まり抵抗力が落ちてさまざまな病気にかかりやすくなります。
インフルエンザでも重症化や合併症を招くことが多く、インフルエンザで亡くなる人の多くは65歳以上の高齢者が占めているというデータ(厚生労働省調べ)もあるので十分注意が必要です。腎を養い体力と免疫力を高めるよう、日頃の養生を大切にしましょう。

毎日の生活習慣で、インフルエンザを防ぐ

インフルエンザは、とにかく「かからない」ようにすることが大切です。バランスの取れた食事を摂る、手洗い・うがいを心がける、外出時にはマスクをするなど、日頃の生活から予防する習慣を身に付けてください。また、これからの季節は徐々に寒さも増してくるので、身体を冷やさないよう服装にも気を配りましょう。
マスク、うがい

予防のポイント
1. 外出後は手洗い、うがいを忘れずに。洗顔や洗髪も効果があります。
2. 体力を養うため、食事、睡眠はしっかり摂りましょう。
3. 新鮮な野菜をたっぷり摂ることで、ビタミンを十分にとりましょう。
4. 人ごみをできるだけ避け、外出時はマスクの着用を。
5. ストレスは病気の元。溜めない工夫をしましょう。





中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す




体験談20,000件突破!漢方を飲んで良かった人たちの体験談がいっぱい!

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談20,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。