漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

 ロシア 貿易             中国 貿易                     

文字サイズ

サイト内検索 検索

快眠体質で心も体も健康に

快眠体質で心も体も健康に(漢方の知恵袋)
不規則になりがちな現代の生活では、ストレスや悩みを抱えることも多く、不眠に悩む人が増えています。しかし、不眠の症状は遥か昔からあり、中国では2000年前の古典にもその対処法が記されているほど。今回は、そんな古来の知恵を生かした不眠の養生法をご紹介しましょう。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)

血の不足が主な原因。「心・肝・脾」の不調に注意

夜なかなか眠れない。「不眠症」というとこんなイメージを持つ人も多いと思いますが、「夜中に目が覚めて、その後眠れない」「夜中に何度も目が覚める」「早朝に起きてしまう」といった症状もすべて不眠症にあたります。
その原因の大半は、ストレスや不安感などの精神的なもの。中医学(中国漢方)では、このように精神のバランスが崩れて起こる不眠の症状を「心(しん)」の不調と考えます。これは、心が血液の流れと精神活動の中枢を担っている臓腑だから。精神は血の栄養を得て安定するため、さまざまな原因で心の血が不足すると精神が不安定になり、不眠の症状が現れるのです。 心の不調で眠れない女性
このような「不眠と血」との関係から、血と深い関わりのある「肝」「脾」にも注意が必要。血の貯蔵庫である肝や、気血を生む源となる脾に不調が現れると、心の血にも影響し、不眠が起きるのです。
精神的な問題のほかにも、病気、薬などによる興奮、高齢、更年期、暴飲暴食など、不眠を引き起こす原因はさまざま。不眠自体は深刻な病気ではありませんが、症状が長引けば身体の不調につながることも少なくありません。
大切なのは、不眠を起こしている原因をよく見極め、その原因をなるべく早く取り除くこと。質の良い睡眠をたっぷりとって、心も身体もイキイキ健康に過ごしましょう。

快眠体質をつくる!タイプ別「不眠」の養生法

憂うつ、不安、イライラなど、不安定な精神状態にもさまざまなタイプがあります。それぞれに合った対処法をきちんと知って、快眠体質を目指しましょう。

※画像をクリックすると拡大表示されます。 中医学のタイプ別「不眠」の養生法

ストレス過多の「気鬱」タイプ

“精神の安定”が快眠のポイントに
中医学では、感情を「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」の七情に分けて考えます。これらの感情が過度に続くと、臓腑の気血に悪い影響が現れます。
この中で特に不眠と関わるのは、「憂うつ」「怒り」「悩み(思)」「悲しみ」の4つ。これらの感情がストレスとなり「心」「肝」「脾」に影響すると、“精神を安定させる”血が不足して不眠が起こります。
特に、このタイプは“感情のコントロール機能”を持つ肝に注意が必要。ストレスで血が不足すると肝の機能が低下。すると、感情のコントロール機能が低下することで、さらにストレスも悪化する、という悪循環に陥ってしまいます。
とにかくストレスの発散を心がけ、症状が重くなる前に早めに改善してしまいましょう。

女性に多い「血虚」タイプ

月経の期間や産後にも要注意
血は「陰」にあたり、「静」の性質を持っています。このため、病後や月経期間、産後などに血(静)が不足すると、精神が休まらず不眠の症状につながります。
慢性化しやすい不眠症で、眠りが浅いことも特徴。不安感や動悸、めまい、健忘などの症状も見られます。不足している血を補うことを中心に養生してください。

更年期の「イライラ」タイプ

陰陽のバランスが悪く、気持ちが不安定に
五行学説では「心」は火(陽)、「腎」は水(陰)にあたり、どちらかが強く働きすぎることのないよう、互いを抑えながらバランスをとっています。しかし、慢性病や更年期などで心身が疲労すると、腎の陰を消耗し、心の陽を抑えられなくなってしまうのです。
イライラやほてりを伴うこのタイプの不眠は、このように陰陽のバランスが悪くなることが原因。体内の熱を下げ、陽気(動)を静めることを考えましょう。

消化不良の「ムカムカ」タイプ

食べすぎ、飲みすぎには要注意!
暴飲暴食などで胃が傷つくと、胃の機能が低下して消化不良を起こします。食物が胃に長く停滞するため、胃が重く、ムカムカして眠れなくなるのです。
消化機能を回復させることで不眠は改善できますが、胃の不調が慢性化すると熟睡できない状態が続いてしまうため、早めの対応を心がけましょう。

まずは、不安定な精神状態を改善

ここまでお話したように、不眠を起こす原因の多くは精神的なもの。まずは、イライラや不安感など不安定な精神状態を解消し、ゆったりと落ち着いて過ごす工夫をしてみましょう。
普段の生活では、なるべく夕方以降にカフェイン(コーヒーやお茶類)を摂らないようにしてください。また、寝る前にお風呂に入ると身体がポカポカ温まり、眠りやすくなります。足浴だけでも効果があるので、ぜひ習慣にしてください。
お酒を飲むと寝つきやすくなりますが、徐々に飲む量が増えてしまうことも。お酒の力に頼りすぎず、飲むときはあくまで“少量“を心がけましょう。気分転換の散歩や軽いストレッチなど、適度に身体を動かすこともストレス解消につながります。
夜ぐっすり眠ることは健康の基本。睡眠の質を高めれば、リラックスして精神もより安定します。毎日のちょっとした習慣や食養生で、快眠体質を目指しましょう。


快眠の女性




中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す




体験談20,000件突破!漢方を飲んで良かった人たちの体験談がいっぱい!

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談20,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営薬局(日本橋店、中野店、新宿店、六本木店)のサイトです。


イスクラ産業の直営薬店(川越店)のサイトです。

採用情報




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。