漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

文字サイズ

サイト内検索 検索

カラダの中から「冷え」を改善

カラダの中から「冷え」を改善(漢方の知恵袋)
新たな一年がスタートしました。今年も健やかに日々を過ごせるよう、漢方の知恵を暮らしに生かしましょう。さて、年明けの1月、2月は寒さの最も厳しい時期。今回は、この季節のつらい悩み「冷え」の症状についてお話しします。

(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)

冷えは万病のもと。しっかり体質改善を

「冷え症」は季節を問わず見られますが、冬は特に症状が強くなり、手足が冷たい、腰が冷えて痛む、といった悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。
一般的には更年期や思春期の女性によく見られる症状ですが、最近は生活習慣の変化から、年代を問わず冷えを訴える人が増えました。過度のダイエット、身体を冷やす食生活、運動不足、薄着のファッションなど、現代の生活には冷えの誘因がたくさん潜んでいるのです。
冷え性は病気ではありませんが、頭痛や肩こりなどのつらい症状を伴うこともあります。また、免疫力の低下にもつながることから、中医学(中国漢方)では冷えを「万病のもと」と捉え、その改善をとても大切にしています。冷え症にはさまざまなタイプがあるので、体内に潜む原因をよく考えて改善していきましょう。 中医学で冷えは万病のもと
まず多く見られるのは「瘀血」による冷え。血行が悪くなり、身体の末端まで血液が行き渡らず手足などに冷えを感じます。そのほか、身体を温める陽気が不足したり、気血が不足したりすることも冷えの主な原因となります。
このような冷えの原因は、どれも身体を健やかに保つ「気・血・水」のバランスが崩れているということ。つまり、冷え症を改善していくことは、体調そのものを整えていくことにもつながるのです。寒い季節は自分の体質を見直すいい機会と考え、冷えから身体を守る習慣をしっかり身に付けましょう。

冷えのタイプを知って、上手に体質改善

ひと口に「冷え症」といっても、原因や体質によって冷える場所や対処方法もいろいろです。まずは自分の冷えのタイプを知って、身体の中から冷えを改善していきましょう。

※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学の冷えのタイプ

「陽気不足」タイプ

重い冷えの症状は、エネルギー不足から
陽気(エネルギー)には身体を温める作用があります。この陽気が不足すると、身体を温める力が弱くなって冷えを感じるように。このタイプの冷えは、高齢者や慢性疾患を持つ人、虚弱体質の人、病気で体力が落ちている人などに多く見られます。
また、”すべての陽気の源“は「腎」にあるため、身体の陽気が不足しているときは、腎の機能低下にも注意が必要です。
症状の特徴は、手首、足首まで冷えるような強い冷え。お風呂などで温めてもすぐに冷たくなってしまう人も多いと思います。そのほか、腰の冷えや腰痛、むくみ、尿のトラブルなどの症状が現れます。

「気血不足」タイプ

女性に多い、比較的軽い症状の冷え
「陽気不足」よりも症状の軽い冷えで、一般的には最も多いタイプ。手足の先が冷たくなる、顔色が白い、疲労、息切れ、食欲不振、下痢、月経の量が少ない、といった症状が特徴です。
このタイプの冷えは、身体の働きを担うエネルギー「気」と、全身をめぐって栄養を届ける「血」が不足することが原因に。気は血と一緒に流出してしまうので、生理や出産時などは特に冷えやすくなります。若い女性にも多く見られる症状なので、生理の時期などはなるべく身体が冷えない工夫をしましょう。
また、気血を生む源は胃腸なので、胃腸が弱っているときにも冷えに注意が必要です。

「血行不良」タイプ

温かな血が行き渡らず、身体全体が冷える
血行不良が原因の冷えも、非常に多く見られる症状。血液の流れが滞る「瘀血」の状態になると血行が悪くなり、身体のすみずみまで温かい血が行き渡らなくなってしまいます。
主な症状には、身体の冷え、ジンジンしたしびれなどがあり、痛みを伴うことも。女性は月経痛、子宮筋腫、子宮内膜症などの疾患にも注意しましょう。
また、「陽気不足」や「気血不足」による冷えの場合でも、血行不良の症状を伴っていることが多くあります。そのような場合、根本的に冷えを改善するためには、同時に血行不良も改善していかなければなりません。自分の体質や症状をよく振り返り、必要な対処法を考えましょう。

生活改善で、身体の中からポカポカに

病気でないとはいえ、冬場の冷えは本当につらいもの。日常生活にも冷えの要因はたくさん潜んでいるので、ちょっとした工夫と改善を心がけましょう。
ぜひ実践してほしいのが、毎日お風呂につかること。ぬるめのお湯に「よもぎ」や「紅花」などを入れ、手足の先を動かしながらゆっくり入ると効果的です。
普段からこまめに身体を動かすことも大切。適度な運動は、陽気や気血を手足の先まで行き渡らせ、血行を促進することにもつながります。
また、服装にもちょっとした気配りを。体内の陽気は首やお腹、足元から逃げてしまうので、マフラーや靴下などで冷やさない工夫をしてください。最近はおしゃれな「ハラマキ」もたくさん出ているので、お腹を温めるためにもおすすめです。そのほか、ゆったりした洋服や靴を身に着けるようにすると、血行の妨げにならず、冷えを防ぐことができます。
気をつけたいのは汗。せっかく温かくしても汗をかいてしまっては逆効果です。通気性の良い素材を選ぶなど工夫をしてください。
ここに挙げたものは、どれも身近にできることばかり。食の養生と一緒にさっそく実行して、身体の中からポカポカな体質を目指しましょう。


お風呂に紅花とよもぎ




中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す


体験談19,000件突破!漢方の改善事例を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談19,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営店のサイトです。



漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。