漢方・中医学のイスクラ産業株式会社

法人のお客様向けコンテンツ(ロシア/CIS・中国との輸出入)

 ロシア 貿易             中国 貿易                     

文字サイズ

サイト内検索 検索

タイプ別 冬のかぜ対策

タイプ別 冬のかぜ対策(漢方の知恵袋)

中国の長い歴史の中で育まれた中医薬学。中国の文化そのものともいえるその考え方は、 ”人は自然の一部であり、その調和の中に存在するもの“として全体的な健康を考える「整体観」の思想に基づいています。
「漢方の知恵袋」では、自然とのバランスを考えるこの知恵を活かし、健やかな毎日を過ごすための暮らしのアドバイスをお届けします。

今回のテーマは「かぜ」。厳しい寒さのこの時期、かぜから体を守る対策を4つのタイプ別にご紹介します。
(監修:菅沼 栄先生 中医学講師)


油断大敵!「風邪(ふうじゃ)」は万病のもと

中医学の風邪(ふうじゃ) 冷たい北風が吹き寒さが厳しい季節は、空気が乾燥し、かぜには特に注意が必要です。「かぜは万病のもと」ともいわれ、さまざまな病気を引き起こす原因ともなるので、「ただのかぜ」などと油断をしてはいけません。かぜをひいてしまったら、とにかく早めに治すことが肝心。症状に合った対処法を知り、ひき始めの段階でしっかり撃退してしまいましょう。
かぜの主な原因は、「風邪(ふうじゃ)という邪気が体に入るため」と中医学(中国漢方)では考えます。病気の原因には外因(外から体に入る邪気)と内因(体質や精神的な要因)の2つがあり、風邪は、病気の外因となる6つの邪気「風・寒・暑・湿・燥・火(熱)」の中の一つ。すきま風のように体にも入り込みやすく、よく動く流動的な性質が特徴で、初期から治りかけの時期まで時間とともに症状が変化していきます。体の上部から侵すこともその特徴で、口や鼻などの呼吸器や皮膚から侵入し、寒気、発熱、のどの痛み、鼻水、せき、頭痛といった症状を引き起こします。
また、風邪はほかの邪気と結びつきやすく、風寒・風熱・風湿・風燥などの邪気となって体に侵入します。邪気はそれぞれに性質が異なるため、一口にかぜといってもその症状にはさまざまなタイプがあるのです。

かぜかな?と感じたら、中医学の養生法で早めに撃退!

かぜの症状を、寒・熱・湿・燥の4つのタイプに分けてみてみましょう。
それぞれの症状には特徴があるので、そのタイプに合った対処法を知ることが大切。
ここでは、中医学の知恵を活かした食と暮らしの養生法を症状別にご紹介します。


※画像をクリックすると拡大表示されます。
中医学のかぜのタイプ別養生法

「寒」のかぜ(青いかぜ)

「寒」のかぜは、ぞくぞくっとする悪寒や頭痛、関節の痛み、肩コリ、透明な鼻水などが特徴です。かぜの初期にあたる症状で、熱の自覚症状は軽く、汗もあまりかきません。
この時期のかぜは、体を温めて「寒」を取り除くことが大切。白菜、大根、ネギを煮込んだスープ「三白湯(さんはくとう)」は、体をポカポカに温めてくれます。このスープに、発汗を促すショウガや、三つ葉などの香草を加えるのもおすすめです。辛みのあるニンニクにも発汗作用があるので、すり下ろしてお湯を注ぎ“ニンニク湯”にして飲んでみてください。

「熱」のかぜ(赤いかぜ)
「熱」のかぜは、発病したときから熱が高く、のどの腫れや痛み、黄色く粘りのある鼻水や痰、のどの渇きといった症状が現れます。
塩水やお茶でこまめにうがいをし、外出から戻ったら手洗いも忘れずに。部屋の空気をよく換気することも大切です。中国では、解毒作用のある「酢」と水を1:2の割合で鍋で煮立てて蒸発させ、部屋の空気を消毒するという習慣も一般的なので、ぜひ試してみてください。ゴボウをみそ汁の具に加えたり、菊花茶、ミントティー、板藍茶などのお茶を飲むようにすると良いでしょう。

「湿」のかぜ (黄色いかぜ)
「湿」のかぜは、胃のムカつきや吐き気、痛み、下痢、食欲不振など、消化器系の症状が現れる胃腸型のかぜ。
胃に不安のあるときは、生ものや油っこい料理はなるべく避けるようにしましょう。米は胃を養う食べ物なので、胃に負担をかけないようおかゆにして食べるのがおすすめです。おなかを温めて胃の痛みを和らげる八角や山椒の実、解毒作用のあるニンニクやシソ、ショウガなどをうまく料理に活用してください。

「燥」のかぜ
「燥」のかぜは咳が強く、痰がからんで胸に重苦しさを感じることも。呼吸器系の弱い人に多く見られる、治りかけの時期の症状です。
マスクや加湿器などで湿気を補い、肺を潤すように心がけましょう。梨を皮ごと蒸したものや、銀杏入りの茶碗蒸し、百合根のみそ汁、杏仁豆腐、大根の煮物など、肺を潤す食べ物を食事のメニューに加えてみてください。

体力を養ってかぜを寄せつけない体に

かぜをひいてしまったら早めに治療することが大切ですが、何より肝心なのは、かぜに負けない体をつくること。かぜは風邪の侵入によってかかるものなので、外から侵入しようとする風邪をはね除けてしまえば、かぜをひくことはありません。体力を養い、防衛機能を高めることで、かぜを予防することができるのです。逆に、体力が落ち、抵抗力が不足するとかぜをひきやすくなるので、十分な体力を養うように心がけましょう。また、体の疲れはもちろん、ストレスや女性の生理時、出産後などにも注意が必要です。
元気な女性生活の中でまず気を付けたいことは、不摂生をしないこと。飲み過ぎや寝不足、疲労などはかぜをひく原因となるので気を付けましょう。また、ストレスを溜めずにいきいきとした毎日を過ごし、気力を充実させることも大切です。
空気の乾燥する今の時期は、のどや肺など呼吸器を潤し乾燥から守ることもかぜの予防につながります。加湿器やマスクを利用したり、梨や銀杏など肺を潤す食べ物をとるなどの工夫をしましょう。うがいや手洗いなど基本も忘れずに。
また、冬のかぜを予防するには、寒さから身体を守ることも大切です。外出する際は手袋やマフラーなどを用意し、なるべく暖かな服装を心がけてください。寝る前にお風呂に入り、よく体を温めるのも良いですね。お風呂は、ぬるめのお湯に長くつかることがポイントです。あつあつの鍋料理や、ネギ、ニンニク、ショウガなどは、体を温めて発汗を促す効果があるので、上手に取り入れてみてください。





中医学の考え方に基づいた約100種類の製品をご用意しています(製品紹介)

▶症状・分類から探す

▶50音順から探す




体験談20,000件突破!漢方を飲んで良かった人たちの体験談がいっぱい!

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、漢方の体験談を検索できます。




漢方を試してみたい!全国1000店からご近所の漢方薬局・薬店を探すなら

>以下の画像をクリックしてください。
リンク先ページで、ご近所の漢方薬局・薬店を検索できます。


中医学の情報ポータルサイトです。


中医学の知恵をご紹介しています。


体験談20,000件突破!
漢方の改善事例を探せます。


イスクラ産業の直営薬局(日本橋店、中野店、新宿店、六本木店)のサイトです。


イスクラ産業の直営薬店(川越店)のサイトです。

採用情報




漢方を試してみたい!全国1000店から
ご近所の漢方薬局・薬店を探せます。